MENU

投資と投機の違いについて

こんにちは、ミムです。今回は「投資」と「投機」の違いについて書いていこうと思います。

世間一般では、投資はギャンブルと言われていますが、それは投資というよりも投機の性質を指すと思っています。

 

投資とは

投資は資本に投じる事。資産を投じて資産を増やすもの。基本的には誰かの経済活動のために、資本を提供して分け前を貰うというのが投資です。

投資にはリスク(標準偏差)がありますが、リスクプレミアム(リスクに対する対価)が期待できます。株式を長期で運用すれば、不確実ですが毎年の平均リターンが3~5%程度が期待できるプラスサムゲームです。

世界の主な投資資産リターン (毎月更新) - myINDEX

 

株式(長期運用)、投資信託ETF、不動産投資、預金運用などが投資に当てはまります。投資はゆっくりと時間をかけて資産形成することに向いている運用方法です。

デメリットとしては、爆発的に資産が増えない事と、時間を味方につけないといけないので15年くらい運用する必要があります。

 

投機とは

将来の価格に対して予想をして賭ける事。値動きという機会に投じて利益を出すのが投機です。投機はゼロサムゲームの性質を持っているのが特徴で、リスクはあるけど、期待リターンは0です。

 

具体的にはFX、先物取引株式投資デイトレード)、暗号資産などが当てはまります。投機は投資よりもハイリスク・ハイリターンで、長く勝ち続けられるのは一部の運の良い人か天才だけです。

 

ネットや雑誌に載っているような100万円から億り人になりました。というのは本当にごく一部の運の良い人か天才です。大半の人は負けていきます。

 

投機は賭けですが、合意の下で行っていますし、それが必ずしも悪いというわけではありません。

例えば、投機というマーケットがあることによってビジネスのリスクヘッジに使えたり、金の先物というようなものですと、金を採掘する鉱山から考えると将来の価格をリスクヘッジする事が出来るという側面も持ちます。

 

ただし長期でやることに関しては、向いていない性質があり、レバレッジを高くするほどギャンブルが増していきます。

筆者が投機をギャンブルと表現する理由

麻雀は賭け事として世間に知られていますが、麻雀はゼロサムゲームの性質を持ちます。投機は基本的にはゼロサムゲームなので賭け事である麻雀と変わらないと思っているため、ギャンブルと表現しています。

 

おわりに

個人的には、決して万能ではありませんが、手取り収入の10%を資産形成に向く投資を多くの人にオススメします。NISAやiDeCoといった制度を使って投資をすると、尚お得です。

 

投機はオススメしません。しかし、投機をやりたいという人は行っても良いと思っています。やるなら枕を高くして眠れる、もしくは生活が困らない範囲内で行うのが良いでしょう。

 

拝読していただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村