MENU

【いくら必要?】老後の生活費について

こんにちはミムです。今回は老後の生活費に関して調べてみました。

夫婦二人世帯の老後生活費

夫婦二人世帯の老後生活費は月に27万929円必要との事です。

不足分が3万3269円ですので、65歳から95歳までの30年間続くと、1年で約40万円必要になるので、1200万円程度は老後の資金として用意しなくてはなりません。

夫婦ですので、一人あたり600万円の資産形成が必要ですね。

f:id:minvestment:20201215123044j:plain

 

内訳をパーセンテージから金額にするとこんな感じです。

f:id:minvestment:20201215134323j:plain

※エクセルで計算をしたのですが、元の資料と内訳の金額の合計を引くと、241円分足りていません。多分参考資料の%を四捨五入している関係だと思われます。

内訳の金額を見ると、主に住居費に突っ込みを入れたいところですが、夫婦二人での老後の最低日常生活費は平均22万1000円となっている為、大体20~30万円くらいは費用がかかるそうです。

f:id:minvestment:20201215141614j:plain

その他、交際費、教養・娯楽を削れば赤字が無くなり、資産を取り崩さなくても済みそうですね。ただ、とても慎ましい生活になると予想されます。

 

2020年現在の所得代替率が60%程なので、現役での手取り月収が夫婦合わせて36万2000円相当と計算ができます。手取り年収が440万ですと世帯年収が大体570~600万円と予測できますので、世帯年収600万円あれば社会保障給付額が21万7000円になり、調査結果と同じようなモデルの給付額になります。

 

ちなみに、ゆとりある老後を送るためには月35~45万円かかるようです。

f:id:minvestment:20201215144929p:plain

 

単身世帯の老後生活費

単身世帯の老後生活費は月に15万1800円かかります。

不足分は2万7090円です。60歳から95歳の35年間ですと、年間約32万5000円かかるので、1137万円程かかる計算になります。どちらの世帯も1200万円相当かかりますが、単身の場合は1馬力で1200万円の資産を形成しなくてはなりません。

f:id:minvestment:20201215123058j:plain

こちらも内訳を金額にするとこんな感じになります。

f:id:minvestment:20201215134356p:plain

こちらも教養・娯楽、その他、交際費を削ればなんとか資産を取り崩さなくて済みそうです。

 

こちらの社会保障給付額を見る限り、平均手取り月収は19万2500円となり、年収は300万円前後と言ったところでしょうか。

 

まとめ

夫婦世帯では20~30万円くらいの生活費がかかり、単身世帯は15万くらいの生活費がかかります

調査の統計通りの生活をすると、夫婦世帯、単身世帯においてどちらも1200万円程度の資産形成が必要。ただし、質素な生活をすれば収支は±0になり、資産を取り崩さなくても良さそうです。

夫婦世帯は世帯年収600万、単身世帯は世帯年収300万の場合の社会保障給付でした。

 

ただし、これは所得代替率が今のまま行けばの話です。最悪の場合、所得代替率が35%になるかもしれないので、余裕のある資産形成を行った方が良いでしょう。

 

出典

家計調査報告書2019年(令和元年)平均結果の概要

「生活保障に関する調査」|公益財団法人 生命保険文化センター

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村